So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ハンディーカム ブログトップ

プロジェクター搭載ハンディーカムPJ760V・PJ590Vの話 [ハンディーカム]

1月11日にハンディーカム2012年モデルが発表されました。その中で注目するのが、HDR-PJ760V・HDR-PJ590Vです。

HDR-PJ760V 3月9日発売予定
hdr-pj760v.jpg

HDR-PJ590V 発売中
hdr-pj590v.jpg

プロジェクター搭載ハンディカムHDR-PJ760V・HDR-PJ590Vは前モデルPJ40V・PJ20モデルに比べて明るくなったのが一番の特徴です。

HDR-PJ40V・HDR-PJ20が最大で10ルーメンに比べて、HDR-PJ760Vでは最大20ルーーメン、HDR-PJ590Vでは最大13ルーメンとなります。
また、投影距離も最大3mから5mに、画面サイズも最大60インチから100インチになります。


しあわせ家族シアター

これまでは、暗かったのでちょっとカベに映して見るって状態でしたが、これからは映画のように大画面に映してみたり、天井やカーペーットに映して楽しむことができます。


●カーテンシアター
ビデオカメラ投影 (2).JPG
このように三脚を使うといいかも!
ビデオカメラ投影 (3).JPG
このほかにもやっぱり、白いカベがおすすめですね。

●カーペットシアター
ビデオカメラ投影 (1).JPG

ビデオカメラ投影(2).JPG
カーペットに投影なんて斬新!水族館の映像なんかさいこうですね。

●テンジョウ・シアター
ビデオカメラ投影(4).JPG

ビデオカメラ投影(5).JPG

PJ40V・PJ20だと暗く、画面が小さいので色々な楽しみ方ができませんでしたが、2012年モデルのハンディーカムでは明るく、大画面で楽しめるので使い方が幅広くなります。
ビデオカメラ投影(8).JPG

HDR-PJ760Vはこちら

HDR-PJ590Vはこちら

新規登録キャンペーンでさらに10%OFF
ソニーストア


ご購入または詳しい情報はこちら
ニシキヤのホームページ

“ウォークマン”Zシリーズ NW-Z1070    “ウォークマン”Aシリーズ NW-A867
          

“ウォークマン”Sシリーズ NW-S764BT     “ウォークマン”EシリーズNW-E060シリーズ
          




2012-02-08 17:27 
共通テーマ:blog

世界初レンズ交換式HDビデオカメラ“ハンディカム”『NEX-VG10』発表 [ハンディーカム]

先日海外で発表していたレンズ交換式のビデオカメラ”NEX-VG10”が発表になりました。
nex-vg10.jpg

気になる発売日は!9月10日に。
価格はオープンプライスで、20万円前後とのこと。
ミラーレス一眼NEXでおなじみのEマウントのズームレンズ”E18-200mm F3.5-6.3” (SEL18200)が付属する。しかもこのレンズ単体だと80000円弱なので本体ボディーだと実質12万円位になるがボディーのみの販売はないらしい・・・


このNEX-VG10の特徴はなんと言っても!ミラーレス一眼カメラ『NEXシリーズ』に搭載しているAPS-Cサイズの大判センサーと交換レンズの組み合わせにより、美しいボケ撮影が可能となるわけだ。

通常のビデオカメラ(1/2.88型など)より大きいセンサーを搭載することで焦点距離が長くなり背景をぼかした撮影が可能となる。

さらにはEマウントレンズの交換が可能のほか、マウントアダプター”LA-EA1”を使えばAマウントレンズも使え手持ちのレンズも無駄なく使える。

といった今までにないおもしろいカメラがはっぴょうされた。ぜひ興味のあるかたはモニターキャンペーンに応募して見てください。8月19日にちまで受付で抽選で5名の方にモニタープレゼントとなっています。

ニシキヤのホームページ



HDR-CX520V先行予約開始! [ハンディーカム]

初めて64GBメモリーを内蔵したフルHDビデオカメラが発売されます[ひらめき]
hdr-cx520v_open.jpg

特徴はメモリーモデルならではの「軽量かつコンパクト」なボディに、HDDモデルの「HDR-XR520V」に搭載された機能を凝縮して搭載したことが特徴ですな。印象としてはは「とにかく軽い!」の一言。

[ひらめき]64GBメモリーで撮れる時間は・・・
もっとも高画質なFHモード(16Mbps)で7時間45分
[ひらめき]HQ[ひらめき]モード(9Mbps)で15時間35分
[ひらめき]SPモード(7Mbps)で19時間40分
[ひらめき]LPモード(5Mbps)で26時間35分
となっています。

従来のメモリーモデルと比べるとHDDのようにたっぷり撮影できるのがうれしいですねー

[ひらめき]強化された夜間撮影は・・・
WS000029.JPG

従来のビデオカメラですと夜間の撮影ではノイズが見られましたが、CX520Vは格段に改善されてますね。

[ひらめき]手振れは・・・

WS000030.JPG
WS000031.JPG

縦、横にさらに回転方向に対応した手振れは特に移動しながらの撮影にもってこいですな[ひらめき]これまで旅行やイベントなどでの撮影でブレが気になっていたいた人はぜひ使って頂きたい!

[ひらめき]おもしろい機能・・・
WS000032.JPG
GPS機能を搭載し、現在地情報と地図データをリンクさせて楽しむことが可能。とくに撮影後には、撮影の道のりを本体内に搭載している地図やパソコンの地図上で確認でき、現在地表示が可能ですね。
初めて訪ねる旅先などに便利ですな。

詳しくは[右斜め下]
icon
icon



ソニーメモリー記録HDカム2機種を発表 [ハンディーカム]

ハイビジョンハンディカムの最新モデルを発表した。
ラインアップは64GBメモリーを内蔵するHDR-CX520Vと32GBメモリーを内蔵するHDR-CX500Vの2機種。
hdr-cx500vcx520v.jpg
左 HDR-CX520V  右 HDR-CX500V

2モデルの違いは搭載するメモリーの容量とデザインだけで、そのほかの機能は共通している。

春発売のHDR-XR520V・XR500Vと同じく高感度・低ノイズ設計なので夜の撮影でも抜群に威力を発揮しそうだ。さらに進化したポイントとしては上下左右のブレ補正に加え、横回転に対しての補正機能も追加とのこと。歩きながらの撮影でもスムーズで階段なんかも違和感がなかったが、それに横回転にも対応との事なので抜群の撮影が出来るだろう[ひらめき]

詳しくはこちら

Sony Style(ソニースタイル)



ハンディーカム ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。